会社概要

会社概要一覧へホームへ
  • 採用情報
  • CM制作・放送のお申込み
放送番組審議会

平成29年度 第3回 放送番組審議会議事録概要

開催日時

平成30年2月27日(火)14:00~15:30

開催場所

おりべネットワーク株式会社 本社 大会議室

放送番組審議委員出席者

多治見商工会議所 専務理事               宮浦 哲也  様
多治見市役所 秘書広報課 課長               加藤 泰治  様
土岐市役所 総務部まちづくり推進課 課長        林  寛   様
瑞浪市役所 総務部企画政策課 課長           梅村 修司  様
土岐市在住 主婦                    林  薫   様
土岐市在住 主婦                    高橋 やよい 様

                                        計6名

事務局

福村代表取締役社長 武田常務取締役 福富部長
加納係長 岡村 加藤

議 事

1.おりべネットワーク株式会社 代表取締役社長挨拶
2.委員長挨拶 開会宣言
3.報告事項
 ①たじみ健康マラソン生中継
 ②おりべ情報局 公開収録
 ③お正月だよ! おりべ情報局
 ④地域振興番組
 ⑤東海高等学校バスケットボール新人大会生中継
 ⑥今年度取材先の報告
4.審議事項(番組視聴)
 ①おりべ情報局 公開収録     [44分] (10/28~放送)
 ②お正月だよ! おりべ情報局  [45分] (1/1~放送)
5. 1年間を振り返って

第3回 番組審議会 議事録

1.おりべネットワーク株式会社 代表取締役社長挨拶
  朝の太陽の光も和らぎ春の兆しが感じられるようになりました。年度末ということもありまして、
  新年度に向けての準備等皆様大変お忙しい時期と思いますが、放送番組審議会にお集まりいただきましてありがとうございます。
  2月は冬のオリンピックがございました。普段テレビをご覧にならない方々もテレビの前に釘付けになられたのではないかと思います。
  日本は13個のメダルを獲得することが出来まして、勇気づけ元気づけられた良い大会だったと思います。
  番組を見て感じた事は、今回冬のオリンピックということで4年に一度しか見られない競技の魅力をいかに伝えるか、
  放送する側として勉強になるところが多く見られたという点です。良い解説者を揃え、アスリートの日常生活に密着して
  良いコメントを引き出しており、コミュニティチャンネルでスポーツを取り上げる際に参考にしたいと思います。
  今年度最後の審議会となりますので、一年を通じて感じたことなど皆様のご意見を賜りたいと思います。本日はよろしくお願いします。
  

2.委員長挨拶・開会宣言
  <委員長宮浦様>
  温かい日和となってきました。本日たまたまテレビの取材を受けて来ました。カメラを前にすると緊張して中々上手く話せませんでした。
  キャスターの皆さんは実に良くやっていると感心しました。今年度3回目の番組審議会ということで、よろしくお願い致します。
  
  ここより事務局岡村に代わって審議会委員長の宮浦哲也様による議事進行
  
  <委員長宮浦様>
  只今より、平成29年度おりべネットワーク第3回放送番組審議会を開催します。放送規則第5条6項の定めにより審議の成立には
  審議委員の過半数の出席が必要となります。
  審議委員総数は7名の内、6名の出席ですので、本会は有効に成立することを報告致します。
  

3.報告事項 ①~⑥
  ①たじみ健康マラソン生中継
  [ 報告 ]【加納】
  前審議会以降に実施した特別番組を報告致します。高校野球以外のスポーツ中継を見たいという意見を受け、
  新たなスポーツ中継番組として昨年に引き続き実施し、多くの方に出演していただきました。また、参加者も視聴できるように、
  同日ダイジェスト版の再放送も実施致しまた。おりべ情報局に主催者がゲスト出演し、参加者募集の呼びかけもしました。
  出場チームの練習風景を撮影・放送するなど、事前告知にも力を入れました。
  
   ※以下②~⑤順次報告【加納】 審議会資料2P~4P参照
  
  ②おりべ情報局 公開収録
   ※審議事項にあるためこの後詳しく審議
  ③お正月だよ! おりべ情報局
   ※審議事項にあるためこの後詳しく審議
   ※④~⑥順次報告 審議会資料2P~4P参照資料通り
  ④地域振興番組
  ⑤東海高等学校バスケットボール新人大会生中継
  ⑥今年度取材先の報告
  <委員長宮浦様>
  報告に対して質問はありますか。無い様ですので4.審議事項に進みます。
  

4.審議事項
  ◆番組視聴
  おりべ情報局 公開収録
  [ 解説 ] 【岡村】
  週に1本スタジオで収録・放送している「おりべ情報局」を公の場で見学を呼びかけ、収録しました。
  地域との交わりを一層深めるためゲストに一般市民を多数招き、公開収録という方式を取ることにより、制作過程を見てもらい、
  番組をより身近に感じてもらいたいとの目的を持って制作した番組です。多治見市の駅前再開発の計画に合わせ、
  会場を多治見駅南口広場としました。ゲストは多治見市観光協会職員、うながっぱ、ダブルダッチチームソレイユ、
  多治見西高等学校生徒です。
  あいにく台風接近前日の悪天候の中での開催となりましたが、およそ100人の来場者を迎える事ができました。
  
  <委員長宮浦様>
  番組を視聴しながら意見要望をお願いします。
  <加藤様>
  多治見市をPRしてもらいありがとうございました。市のPRに力を入れている打って付けの職員が出演していました。
  市長との掛け合いもあり流れがあって面白かったのであっという間に見てしまいました。
  観客の反応の薄さに苦労していたようですが、これはおとなしい地域性の問題でしょうか。キャスターの苦労が感じられました。
  市の取組もわかりやすく伝わりました。楽しく見ました。
  <林寛様>
  導入の部分では、多治見市長の観光に打って付けの乗りの良いキャラクターが活かされて、面白かったです。
  行政の言いたいことも伝わりました。駅前を会場に選んだ必然性も感じられ、開放感もあり、良かったと思います。
  多治見西高校のコーナーは生徒が学校紹介をしていて新鮮で飽きずに楽しめました。
  【加納】
  公開収録の実施は天候に左右されるため、屋根が有る事が絶対条件と考えました。今後の実施にあたり、土岐市・瑞浪市で
  良い場所がありましたら教えて下さい。
  【福村取締役社長】
  公開収録は引き続き実施したいと思っていますが、場所選びに苦労しました。あの場所はJRの管轄ということで、
  収録には多治見市の後援が必要と言われました。行政の協力があって成立しています。今後もよろしくお願いします。
  <梅村様>
  瑞浪市の宣伝をしていただけるのであれば、いつでも協力させていただきます。リハーサル、準備など、
  仕込みは大変だったと思います。陶器の湯たんぽを取り上げて製作者の思いを伝えるなど地域を上手に伝えていました。
  市長と観光協会の職員のやり取りも面白かった。学校紹介では、ソフトボールで注目を集めている瑞浪市出身の
  勝股選手も登場していました。もっとどんどん取り上げて欲しいです。全体的に楽しい番組でした。ダブルダッチは
  世界一のチームとのことでしたが、どのように情報を集めているのでしょうか。
  【加納】
  以前にいただいていた情報をこの公開収録のために温めていました。
  <高橋様>
  全体的に楽しく拝見しました。駅前開発の件、市の観光も良く伝わりました。
  高校紹介は我が家に丁度受験生がいるため興味深く見ました。他の学校の紹介も見たいと思いました。
  <林薫様>
  観客がおとなしいなあという印象を受けました。100人位いたとお聞きして意外と多かったのだなあと思いました。
  もみじサイダー等の試飲試食があったので、商品を分かりやすく伝えていました。飲んだ感想はおとなしかったですが、
  キャスターさんが上手く引き立てていましたね。全体的に見ていて楽しかったです。
  高橋さんと同じく高校紹介のコーナーについて、私ももっと他の学校も見たいと思いました。
  <委員長宮浦様>
  観光協会の職員とは思えないくらい上手で天性のタレント性が感じられました。
  セリフ等は指示したのでしょうか。場を盛り上げるADの様な役割の人はいましたか?
  【加納】
  出演していただいた方は、過去にも番組に出演していただいていたため、制約無しで思い通りに表現していただきました。
  東濃弁も自由に使ってもらいました。私達も素で話したいのですがなかなかできません。
  ADは欲しいところですが、人数の関係で立てる事ができませんでした。尚、この番組は外部にも発信できる内容でしたので、
  ケーブルテレビ可児やアミックスなど他のケーブルテレビでも放送してもらえるよう依頼しました。
  【福村代表取締役社長】
  方言の使用という点ですが、私はコミュニティチャンネルですので、キャスターが方言を使う場面もあって良いと思っています。
  
  お正月だよ! おりべ情報局
  [ 解説 ] 【岡村】
  オープニングはキャスターが着物で登場し正月らしさを出しました。すごろくはバラエティ要素を取り入れた
  チーム対抗戦としました。地域の人とふれあいながら、地域をまわって特色を伝えていこうというコーナーです。
  本当にどの目が出るか分からないため、行くスポットが重なったりしてしまいました。また、戌年ということで、
  視聴者のペットにも登場してもらいました。新年の抱負はお正月番組の恒例となっているコーナーです。
  <委員長宮浦様>
  番組を視聴しながら意見要望をお願いします
  <林薫様>
  すごろく旅のコーナーは自分も一緒に動いている気分になれて楽しかったです。行った事の無い場所に行った気分になれました。
  我が家のわんこのコーナーは民放の「今日のわんこ」に通じるものもあり、良く撮れていたと思います。
  新年の抱負では、元気をもらうことが出来ましたし、全体的に良い番組だったと思います。
  <高橋様>
  オープニングは正月らしさが出ていて良かったと思います。すごろく旅は面白く見ました。お題を聞いてすぐ行先の見当がつく点は、
  良く地元を知っているのですごいと思いました。開かなかったマスの内容が知りたかったので、チームを増やすなどして、
  全部のマスに行って欲しかったです。犬もかわいく撮影されていました。
  【加納】
  犬のコーナーは募集をかけてのですが、出演しても良いという人が中々集まりませんでした。告知不足なのか、方法に問題があったのか。
  身内の犬も撮影に参加しています。
  <梅村様>
  すごろく旅は、地域密着のケーブルテレビならではの企画でした。地域の魅力を伝えつつ、バラエティ感も出ていました。
  クイズラリーの様な形式を取れば、全マス隈なく行けたのでは無いかと思います。ゴールで、BGMに「すえっこ音頭」が
  使われていたので嬉しく思いました。犬を飼っている方は多いですが、特技のある犬ということで募集をかけるのは難しかったと思います。
  「今日のわんこ」の域を出ないので工夫が必要です。バラエティ仕立てで地域情報を見てもらうという良くできた番組でした。
  <林寛様>
  オープニングが華やかで楽しげで良かったです。単にリポートしていくだけでなく、サプライズがあり、行き先がかぶったりしたので、
  本当にガチ勝負をしているという点も伝わり楽しく見ました。自分が広報で市民のペットの写真を募集し、
  苦労した経験があるので募集の難しさは分かります。
  <加藤様>
  ほぼ皆さんと同じ意見です。流れがあって見やすく、オープニングは永保寺で艶やかでした。自分の出身地が出てきたため、
  うれしくなりました。ペットのコーナーは飼い主が出たがらない場合が多いと思うので工夫が必要だと思います。
  <委員長宮浦様>
  45分の番組でしたが、長く感じる事無く一気に最後まで見ました。たじみそ焼きそばなど「食」は地域を代表する大切な文化なので、
  大いに取り上げて欲しいです。
  【加納】
  新年らしさを出したいとすごろくや、カルタ等のゲームを取り入れて毎年制作しています。
  もっと多くの方に自然に出演して頂けるように、聞き方、撮り方など工夫していきたいと思っています。
  

5.一年を振り返って
  <加藤様>
  自分は市で広報を担当していますが、審議会に来るたびに勉強になります。気付きを持ち帰り、自分の仕事に繋げています。
  今後も、コラボレーションして、情報交換、共有をして地域を盛り上げていきたいと思います。一年間ありがとうございました。
  <林寛様>
  先日もイベントに取材に来ていただきありがとうございました。まちづくりのイベントでしたが、どこも後継者不足が深刻化しています。
  お金、ヒト、モノが無いという状況では、ネットワークを作っていくしかありません。互いに助け合いプラットホームになる
  必要があります。地域活動や高校など、知らない人に情報を届けていただくのは大変ありがたいことです。市も番組作りに出来る限り
  協力したいと思います。今後ともよろしくお願いします。
  <梅村様>
  私も瑞浪市の広報を担当していますが、市長に情報発信が下手だと良く言われています。行政だけでなく、おりべネットワークさんが、
  外部に向けて情報発信している事が良くわかりました。以前に比べ、番組はより良くなっています。
  毎年改善されて面白くなっています。ずっと上を見て番組作りをして行って下さい。
  <高橋様>
  意見、感想が上手く言えず、どこまで伝えられたでしょうか。おりべネットワークはあまり知りませんでしたが、面白い番組があり、
  地域のテレビ局として頑張っているという印象が残りました。一年間ありがとうございました。
  <林薫様>
  私も意見を言うのは苦手でしたが、良い経験をさせていただきました。実は自分の子どもがクラブチームで取材を受けました。
  お近付きになれた気がしています。一年間ありがとうございました。
  
  <委員長宮浦様>
  取材先の一覧表を見て、取材先の多さがこの会社を支えていると感じました。今後も継続していって欲しいと思います。
  情報発信出来るところに情報が集まり、思わぬところから思わぬ情報が入ってきます。外に内に発信していくことを継続的に
  進めていって欲しいと思います。
  【福村代表取締役社長】
  一年間ありがとうございました。情報発信できるところに情報が集まるという言葉に目から鱗が落ちる思いです。
  今後もケーブルテレビ局としての使命であるコミュニティチャンネルを通じて、地域に貢献していきます。
  【武田常務取締役】
  放送部は、新年度より、主婦、青年、壮年層をターゲットに、生活情報を取り上げたコーナー等、色々新番組を企画しています。
  今後もおりべネットワークにご期待下さい。本日はありがとうございました。
  <委員長宮浦様>
  ご意見が出尽くした様ですので、以上で平成29年度おりべネットワーク第3回放送番組審議会を閉めさせていただきます。
  
                                                          以上
  

以上

  • 個人情報保護方針
  • 個人情報の取扱いについて
  • 番組審議会
  • 放送番組基準